介護ヘルパーと従事者

介護ヘルパーと従事者

仕事をする人のことを従事者って呼ぶ。でもそれは資格を取らないとどんなに頑張ってもその権利は得られません。

施設や現場

介護ヘルパーと言ってもいくつか分類でき、訪問介護をするホームヘルパーや
老人ホームで介護をするヘルパー・デイサービスなどグループホームで
介護をするヘルパーと大きく分けると3つに分類出来ます。
この中でホームヘルパーだけは、会社や施設で働くのではなく、
個人宅が職場ですから、要介護者とそのご家族の方ぐらいしか
基本人間関係が発生しませんが、老人ホームやグループホームは
他の職員や沢山の要介護者の方と一度に接する事になりますので、人間関係のトラブルは避けられません。
人間関係のトラブルの中には職員同士のトラブルもあれば、
要介護者同士のトラブル・更には職員と要介護者のトラブルも
ありますので、ヘルパーの仕事の悩みでいつも上位に来るのがこの人間関係と言われています。
これはどの仕事をしても、無理もないことだと思うけど、やはり負けてはいけません。
せっかく努力を積み重ねて資格取得しても、その後が続かないと意味がありません。
トップページ

意思の疎通

介護現場で奮闘している中で過剰なストレスに悩まされることも否定はできません。
また同僚などと合わないことだってあるから、困ったものですよね。
出来るだけ上手く人間関係を構築しようとしても、要介護者の
お世話でストレスが溜まり、同僚に強く当たってしまう方もおられますし、
介護者の中には痴呆症により、意思の疎通がなかなか取れない方もおられますから
ヘルパーを目指す方は、ある程度は人間関係のトラブルは覚悟の上で進む方が良いでしょう。
ただ悪い事ばかりな業種ではありませんし、感謝されるやりがいのある仕事でも
ありますから、親身になって取り組めばトラブルが起こっても理解者が増えてくると思います。

介護ヘルパーと従事者関連ページ

介護と歯磨き
介護系の仕事は本当に数えることが困難なくらいの種類があり、迷うことも多々ありますね。