介護と歯磨き

介護と歯磨き

介護系の仕事は本当に数えることが困難なくらいの種類があり、迷うことも多々ありますね。

介護が必要

介護において意外に重要なのが、歯磨きだと言う事を御存知でしょうか。
少し介護の話とは外れますが、阪神大震災の時、肺炎で
無くなられた方が非常に多かったのですが、これの理由としてが
震災で避難所に非難し、その時歯ブラシがなく歯磨きをしていなかったからと言われています。
こういったことで病になったりするのは、本当に残念でなりません。

だからこそ介護が必要で、それに伴い資格を得ることも検討余地がありそうです。

皆さんもきっとこれに気づき、いち早く行動に移されることでしょう。

どんな方でも口の中には菌がいっぱいいますので、数日間歯磨きをしないと
高齢者の様に免疫が低くなっている方は肺炎になってしまいます。
軽い気持ちで考えていると、後で痛い目に遭うこともありますから改善をすぐにしてください。
トップページ

全身麻痺

そのまま帰らぬ人となってしまう可能性が高く、これは要介護にも同じ事が言え
寝たきりや全身や半身不随の方は
ご自分で、歯磨きが出来ませんから、ご家族の方や介護員が
毎日しっかり磨いてあげなければなりません。
また全身麻痺や半身不随の方は、手足だけでなく、唇にも力が
入らない為、服が汚れないよう、前掛けを付けてあげたりして、
丁寧に磨いてあげましょう。
さらにうがいも自力では出来ない可能性も考えられますから、
少しずつの水でちょっとずつ丁寧に流してあげるのも大切です。
介護が必要な方は、入れ歯にしている場合も多いので、
そういった用具の洗浄も気にかけてあげる様にすれば、
単に口の中を清潔にするだけでなく、病気などの心配も少なくなってくるでしょう。
これだけ介護の必要性が出ているということです。

介護と歯磨き関連ページ

介護ヘルパーと従事者
仕事をする人のことを従事者って呼ぶ。でもそれは資格を取らないとどんなに頑張ってもその権利は得られません。