知的障害と介護

知的障害と介護

障害者の人などにも優しい環境を提供することも立派な役目ですよ。

家でのサポート

知的障害者の方をガイドヘルパーとして一緒に外出する時には様々な注意事項があります。
普段テレビなどで聞くこともある知的障害とは言っても症状は様々ですから、軽い場合だとそれほどの
問題は起こらないかもしれませんが、重い症状の方だと食事一つとっても大変だったりします。
あくまでガイドヘルパーは介護と言う意味だけはなく、自立支援の役割も
担っていますので、要介護の方の意思を尊重しないといけません。
普段施設や家で過ごす事の多い知的障害の方は外食を楽しみにしている方も
多く、何が食べたいのかを聞いてあげる必要があります。
またこういったサービスも介護資格を持っておくことで色々と気遣いなどもできます。
だから取得するって大きいことなのですね。
トップページ

ガイドヘルパー

ただ普段外で食事をする事が少ない方ですと、何を食べたいのか選べない方も
おられ、その方の好きな食べ物をある程度絞り込んで選ばせたりする必要もあります。
例えばハンバーグとスパデティどちらにする?と聞けば二択となりますから、
知的障害を持っている方も選びやすくなるでしょう。
お店に入ってからもメニューを本人に見て貰い、しっかり本人の意思で
選んで貰う様にするとガイドヘルパーとしての食事同行は成功と言えるのでは
ないでしょうか。
場合によっては食事を食べる補助もしてあげないと行けない場合もあるので、
自分の分は注文できない事もある事を理解しておきましょう。

知的障害と介護記事一覧

介護ヘルパーと従事者

介護ヘルパーと言ってもいくつか分類でき、訪問介護をするホームヘルパーや老人ホームで介護をするヘルパー・デイサービスなどグループホームで介護をするヘルパーと大きく分けると3つに分類出来ます。この中でホームヘルパーだけは、会社や施設で働くのではなく、個人宅が職場ですから、要介護者とそのご家族の方ぐらいし...

≫続きを読む

介護と歯磨き

介護において意外に重要なのが、歯磨きだと言う事を御存知でしょうか。少し介護の話とは外れますが、阪神大震災の時、肺炎で無くなられた方が非常に多かったのですが、これの理由としてが震災で避難所に非難し、その時歯ブラシがなく歯磨きをしていなかったからと言われています。こういったことで病になったりするのは、本...

≫続きを読む