ホームヘルパーの難易度

ホームヘルパーの難易度

今は過去の資格となった感じがありますが、取得に際してどれほどの困難があるのだろうか…。

取得可能な認定資格

よく「ホームヘルパーの認定資格はどのくらいの難易度か?」と考える人がいるようです。
それと同時に合格率も気にする人がいるようですが
この資格はそもそも試験を受けずに取得可能な認定資格なので合格率は弾き出すことができません。
難易度に関してですが、認定資格そのものを受けるのは非常に簡単です。
講習を受ければいいだけですから
全ての講義や演習などを受講するだけで認定されてしまいます。
よって、ホームヘルパーになるための難易度は限りなく低いと言ってもいいでしょう。
介護に興味がなかったり知識や技術の習得が面倒だったりと考えて講習を受ける人はいないと思いますが
そういった人にとっては難易度が増すことがあるものの
意欲や興味があれば全く問題ありません。
トップページ

働く場合

しかしホームヘルパーとして実際に働くと話が少し変わってきます。訪問介護は実際に介護が必要な人と触れ合う
言わば人間対人間の関係なのでそう思い通りにはいきません。
悩むこともあるでしょうしなかなかステップアップできないとか、続けていく自信がないとか
そういった壁とぶつかることもあるかもしれません。
でもどんな資格や仕事でも難題があるのは同じなので無理に鼓舞する必要もありません。
一流の介護士となるための最初の段階が訪問介護員ですが決して甘くはないのです。
そういった意味で考えるとあらゆる仕事の中でも、働き続ける難易度は高いのかもしれませんね。

ホームヘルパーの難易度関連ページ

介護職への研修
しっかりと研修をしないと資格取得が困難なもの、比較的安易に容易にいただけるものなどが出てきました。