介護保険料とは

介護保険料とは

実際的に仕事をしようとした時に、資格が採用の可否を決めるといっても過言ではありませんね。

高齢者の方

介護保険料は高齢化社会が原因で、年々保険料が引き上げられる
傾向になっていて、40歳以上になると必ず支払わないと行けない保険ですが、負担と思われる方も多いようです。
でも誤解が多いのもこれが問題ではあります。
それに65歳以上の介護保険は各市町村が、運営しているのでその地町村の状態によって
保険料に違いが出てくるのも大きな問題と言えるでしょう。
例えば介護しなくてはいけない高齢者の方が多い地域ですと、給付しなくてはならない金額が多くなり、
65歳以上の介護保険の財政は悪化して保険料が高くなります。
ですが高齢者が多くても健康な方が多い地域ですと
介護保険の財政は良好で保険料が下がる傾向になります。
引用:保険テラスや介護保険について
しかしこの世は何が起こるか分かりません。ですから貯蓄など人に頼らない生活を目指しましょう。
トップページ

算出方法

勿論その他にも色々な要因で保険料の算出がおこなわれているのですが、基本的には
各市町村で介護保険の給付見込みを想定して、その20%の額をその地域に住む65歳以上の人数で
単純に割った金額を基準にされているそうです。
ちなみに平成21〜23年ぐらいの保険料の基準額が
高額な市町村は青森県十和田市となっていて、5770円とかなり高額です。
逆に安価だったのは、福島県檜枝岐村と
岐阜県七宗町で2265円と倍以上の開きが出てしまっています。
倍以上支払ったからと言って
それに見合う倍以上の福祉サービスが受けられるわけではありませんし、
住む所によっての格差は高齢化社会に向けて
何かしらの手を打たないと取り返しのつかない事になりかねません。
ただ、40歳〜65歳未満が加入する介護保険は、加入している健康保険によって
金額が変わってくるので、それほど大きな差は無く、あくまで65歳以上の方が
支払わなくてはいけない介護保険料の格差が大きいと言う事になります。

介護保険料とは記事一覧

ホームヘルパーの難易度

よく「ホームヘルパーの認定資格はどのくらいの難易度か?」と考える人がいるようです。それと同時に合格率も気にする人がいるようですがこの資格はそもそも試験を受けずに取得可能な認定資格なので合格率は弾き出すことができません。難易度に関してですが、認定資格そのものを受けるのは非常に簡単です。講習を受ければい...

≫続きを読む

介護職への研修

介護職員初任者研修はホームヘルパー2級と同じように各事業所などでカリキュラムを修了することにより資格を得ることができますがスクーリングと呼ばれる通学によって実技を学ぶ時間があるので通信のみで全てのカリキュラムをこなすことはできません。また、研修を受け終わった後には修了試験を受ける必要もあります。これ...

≫続きを読む