介護資格

福祉や介護の通信講座や将来性があり、有利な資格を比較!需要がどんどん増しておりますので今のうちに取得されれば未来が開ける!

無料で将来性が高い

介護職員初任者研修 難易度:1 (5段階で5が最も難しい)
受験資格 なし
内容 平成25年度から新たに取り入れられた介護職員初任者研修という制度。
以前はホームヘルパー2級と呼ばれていた資格がこの制度の適用によって移行されました。
これから介護職に従事しようと考えている人はほとんどの人が
まずはこの研修を受けて資格取得を目指すことになります。
これを取得していないと次のステップに進むことができないので
介護職の入り口的な役目を果たす資格となるのです。

種類の多い介護系

介護事務 難易度:1 (5段階で5が最も難しい)
受験資格 なし
内容 介護のお仕事が注目されるこの現代の日本で
それと同時に携わりたいと思う方が増えてきている仕事に介護事務があります。
介護報酬請求業務と呼ばれる
いわゆる明細書の作成を行うことが主な仕事となりますが
その他にも介護施設で受付を行ったり電話の対応をしたりなど、仕事は多岐に渡ります。


人気となっている理由は需要が多いから。
介護施設は今後増えていきますから、それに伴って介護事務も当然増えていきます。
就職先やパート先に困ることはなく、しかもずっと働き続けることが可能。
介護に興味はあるけど体力がないからという理由で
介護事務を選択する女性も多いようです。

ケアワーカー(介護福祉士)

介護福祉士 難易度:4 (5段階で5が最も難しい)
受験資格 介護福祉士養成施設(2年以上)を卒業された方
或いは3年以上介護等の業務に従事した方
内容 介護に関連する資格の中でも非常に高いレベルの知識と技術を持った人が
取得できるのが介護福祉士の資格です。これは国家資格ですからメリット大です。
介護を受ける立場の人に対して的確な介護を行う能力を持っていると共に
介護者に対しても適切な指導をすることが求められます。


今まではこの解釈だけで介護福祉士のほぼ全てを語ることができたのですが
この資格を持つ人の役割はより重要性を増しており
もっと奥深くまで入り込んだケアが必要になってきているとも言われています。
また、これらの社会の認識の変化、役割の変化に対応できるかどうかも
適性として問われてきていると言われていますから
より高い能力が求められる存在となるでしょう。

将来性を取得

やはり資格を取るというのは将来を買うという意味合いもあると思います。
介護資格の取得方法は他の業界の資格と比べ

働きながら取得出来るものが多いため、学歴が乏しくても安心です。
ですから転職したい、何かにチャレンジしてみたいという方には最適の業界かもしれません。
下記などから一度どんな資格や講座が存在しているのか確かめてみるのも良いでしょう。
介護職員初任者研修 ハローワーク《無料》


勿論指定されている養成学校を卒業すれば、得れる介護資格もありますが
国家資格である介護福祉士や
公的資格である介護支援専門員も実務さえ積めば
受験資格を得られるので、介護業界で働きながら勉強をし取得する事が出来ます。


また、介護と言えば一番初めに取得する方の多い、ホームヘルパー2級ですと
実務も必要無く、指定されている講習をすべて受ければ試験もなしに
資格をを取得出来るので、介護業界に進みたい方は
初めに介護職員初任者研修を取得すると良いでしょう。


その後はそのまま、介護業界で働き、5年の実務や10年の実務で受験資格を
得れる資格がありますので、その都度試験に挑んでいけばよいでしょう。


ただ、まったくの未経験からだと、当然の事ながら沢山の実務を
積まないと受験資格が得られない為、介護関係の学校を卒業して
早めに資格を取得する方もおられますし
看護師や准看護士・管理栄養士・栄養士など
他の業種から福祉の資格を目指す方もおられます。


取得の資格は他の資格と比べ、色々な方向性があるのも介護資格の特徴でもあるので
複数の資格が欲しい方にお勧めな資格でもあったりします。